E-MAIL bergem@ks-maria.org
   


情報公開
教職員採用情報
 行事のアルバム
   
 モンテッソーリ教育法は、イタリアのマリア・モンテッソーリ女史(1870〜1952)により始められたもので、この教育理論は、幼い子どもの自発的な活動を尊重し、整えられた環境のもとで、その可能性を伸ばそうとする教育です。
 子どもの動きをよく観察すると、不思議な自発性のあるエネルギーに恵まれていることがわかります。子どもの心から湧き出てくるこのエネルギーに対して、大人は「うるさい」「やめなさい」と言って大人の都合に従わせようとし、せっかくの芽生えをつみ取ってしまうのです。
自発的活動を大切にする、ということは、子ども達に活動する大きな自由を与えることです。
モンテッソーリ教育における自由とは、放任・気まぐれ・わがままといった行動をそのままにしておくことではありません。自由な子どもは、自分から問題をやり遂げることを好み、必要なときに援助を求め、自分自身を築き上げていくことができるのです。
大人に指示してもらわなければ何もできない子どもではなく、自ら選び、判断し、行動する自由が保証されて、はじめて本当に自立した人格が育っていきます。 
     
  モンテッソーリ教育の5領域
日常生活の練習 感 覚 言 語 文 化
手や指先、体全体を
使って自分の身の回り
のことができる
五感を使って身の回りの事柄を認識する 「聞く」から始まる言語、物の名前をおぼえ、語彙をふやす
文字を「書く」から
「読む」へとつなげる
物や数を数える、物事の順序を理解し十進法につなげる 生物、地理、歴史、
美術、音楽、宗教など
それぞれの発達を助ける教具・教材があります

Copyright(C) kasugaso_seimaria,All rights reserved.